2006年05月09日

キリン杯―日本×ブルガリア

なんと後味の悪い試合!



訳分かんないうちに先制されて、訳分かんないうちに勝ち越された。


立ち上がりと終了間際ロスタイムの失点なんて、1番やっちゃいけないじゃん。
2点目なんて、あんな取られかたアリですか!?わたわたしてるうちにうっかり決められちゃうし‥集中力欠いてたと思う。。
宮本と川口が意思疎通出来てないかったり、川口がハイボールをキャッチし損なうところもあったしね。



今も昔も日本代表が点取れないのは変わらないんだから、[失点しない]ってのは勝つ為の1番のポイントなんじゃないの?



‥と、DFばかりにダメ出ししたけど、やっぱりあんなにシュート打ってるのに、決められなきゃ集中力も切れるもんなのかも。。



前半の決められる時に決められないから、後半大変だし、セカンドボール殆ど拾えなくなるんだよ。



攻めのいい形はあったと思う。

前半の何人かが絡んで崩すシーンとかね。ヤットもゴール前に何度も顔出してたし、ボランチの福西や阿部もいいかんじで上がってたし。

後半は伸二が入ってからが圧巻だった!なんかねぇ、リズムが違うんだよ。
取られないし、ほぅ〜っていうパスが出てくるの。伸二らしーなぁっていうパスがあったし。


でもさ、結果として点が取れなきゃダメなんだよ。

ゴールの枠にボール飛ばそう。川淵さんも言ってたけどさ。
シュートはいっぱいしてたけど、枠を捉えてたのなんて数えるほどじゃない?
枠に飛べば、クリアしてもこぼれ球狙えるじゃん。そういう位置に、巻とかよくポジション取ってるんだから。



さて、注目のFW争いですが、玉田よく動いてましたねー。サイドに流れていいパスだしたり、スピード生かしたり。

巻はタナボタな一点だったけど、ちゃんと詰めてるからあーゆうゴールも生まれるんだよ。っていうか、いつもゴール前で張ってるのがいい意味で分かりやすい。ボールもよく追ってたしね。

寿人は、出場が短くていっつもかわいそうな気がします。でも、NHKの解説の人が言ってたみたいに「限られた時間の中で、やることをきちんとやってる」
と思う。


MFに関しては、村井が怪我しちゃったのがショックです。良かったから余計に。三都主みたく無駄にドリブルして取られることもなかったしね。うーん、残念…。


信二はさっき言ったみたいに、一人別次元だったし。


あ、阿部が前半に打ってキーパーに弾かれたシュート良かった。



じゃー、最後にジーコね!
選手交代に早く動くようになったのがすごーーーっくイイと思う。
前からじゃ考えられない早さだ。
交代枠減ってもそうしてね。



追記は主観的な試合とは関係ないことです。












巻って亀梨くんに似てます。
身長とかのガタイは全然違うんだけどさ…何かな、色の白さ?顔の雰囲気とかさ、、、厳しいときの亀梨(←重要)って感じ。
でもねー、西岡と巻は全然似てないのよ?
母は同意してくれたもん。


で、そんな母に言わせると長谷部は山Pに似てるらしーです。
横顔が、らしいんですけど、それには同意し兼ねます。
絶対山Pのがキレーだもん。長谷部は私のなかでカッコイイなんで。
多分、母はクロサギでモノトーンなイメージの山Pを引っ張ってるからだと思う。


わー、痛い子。
でも、私がサッカーとか野球の選手見てるときの口癖は
「誰かに似てるー…」
なんで、許して下さい。
posted by citrus at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。