2006年07月11日

W杯ドイツ大会ーフランス×イタリア

久しぶりにガッツリ見た〜。


あのジダン(って打ったつもりが、始めジタンになってて動揺。)が最後だからフランスを応援しよーと思ってたんだけど、あのPK見たあとで何かイタリア応援したくなって、乗り換えた。

ジダンの退場はかわいそうだけど、あれはねー…しょうがないね。。まー、キッカケはイタリアだけども。世界のサッカー大好きな子どもも見てたんだろうなー、と思うと複雑。せっかくいいプレーを見せててもあれでは…


後半の途中から、何とな〜く延長の気配がして、延長前半の途中から、何とな〜くPKの予感が…

フランスは攻めても枠にシュートが飛ばないし、イタリアは疲れてミスばっかりでパスが繋がらないし。


でも終わってみれば早かった!
特に前半はあっという間だった。面白かったもんー。

フランスの方がよく走って動いてたし、最終的にポゼッションも上だったと思うんだけど、それが全てじゃないんだよねー。
PKは先攻・後攻で運もあるしね。

伝統的イタリアが勝ったってカンジでした。



MVPも発表されて、ジダンだったんだけど…うーん。
ピルロが良かったな…
ジダン引退だからかなぁ。



あの頭突きに関しても色々言われてますが、ピッチの上が全ての世界ですから。


いまいち後味悪かったですね…
posted by citrus at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

日本代表の四年間。

ジーコの功績。

加地を育てたこと。

日本と世界の差を痛感させたこと。

・・・。

ぐらいかな??


当然の如く、ジーコが監督してた四年間の間に”若手”は殆ど出てこなかったし、空白にさせてるよね。アテネ世代とかさ。


世界では二十歳そこそこの選手が活躍してるのに、日本にはそれがない。

南アフリカ危ないですよね、実際問題。



W杯に関しては、びっくりしたことにピークを迎えたのがドイツ戦でした。

マルタ戦で落ちて、危機感を持って良くなるかと思えば、全然良くならないわ、同じような形で失点するわ、この大会ではいいとこなしだった。


俊輔はせっかく選ばれたのにダメだったねぇ。
コレ!っていうパスも出せなかったし、運動量もあんまりなかったし。
選ばれて、試合に出れば活躍できると思ってた自分の認識が甘かった。
選ばれて、試合に出て、結果が出なきゃダメなんだよ。


中田ってすごい選手だと思う。
いつも、どの試合でも一番走ってた。
ブラジル戦はパス出してもミスばっかりだったけど、それはジーコの使い方の問題でもあるだろうし。


これだけのメンバーが揃っていたのに、もっと良い結末を迎えることはできな
かったのかな。

ブラッターさんに「後退だ」って言われてもしょうがないと思うんだよね。


 続きを読む 
posted by citrus at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今更ですね。

せっかくW杯も中休みだから、ブラジル戦について僅かに書いておく。

覚え書き。

こちらです。
posted by citrus at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

W杯ドイツ大会―日本×ブラジル

前半終了間際に追い付かれた時点で決まってたんだろうなぁ。


0ー0でハーフタイムならまだしも、あの時間帯に追い付かれて1ー1でハーフタイム迎えるのはキツい。中田の表情や、川口の態度を見てれば一目瞭然だよね。


玉田の1点はスゴかったけど、それ以上に世界の壁は高かったなぁ。


ブラジルの1点目とかちょーっとヤル気出したらぽーんと入っちゃったカンジでないですか??



ボールを受ける・足元に落ち着かせてコントロールする・次へ確実なパスを出すとか基本的なこと、そういうことに世界との差を感じて、日本はまだまだ下手だと思いました。



…日本が対戦したチームはみんな調子良くなってますよ。

なんて献身的!
posted by citrus at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

できることは何なのか?

いよいよ明日がブラジルとの対戦です。


いろんな意味で自分の予想を裏切り続けた日本が、この試合でどんな結果を見せてくれるんでしょう??


現実問題としてとても厳しいものがあると思うので、せめて「日本もうまくなったよねー。頑張ってるよねー。」と思えるような試合にしてもらえるとありがたいです。






 続きを読む 
posted by citrus at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

W杯ドイツ大会−日本×クロアチア

テレ朝の中継でホイッスルなった時に映った人は何であんな喜んでたんだろう…


勝ち点3、取れた試合だったのに。


日本の為に、とか大きいこと考えなくてもいい。
一緒に戦ってる仲間の為に、もう一歩動けなかったの?
川口の為に頑張ってよ。
ゴールの前でずーっと声を上げて、叱咤してた彼の為に。


0ー0分けはキツいなぁ。

点取られなかったって言っても、ただ単に相手がミスしまくってくれただけだし。

点取れないし。
攻めてく時に、人数をかけたならしっかりシュートで終わらなきゃ。
しかもちゃんと枠捕らえてるやつね。
流れの中で、崩してフィニッシュまでいったのって数える程しかなかったじゃんか。
柳沢も高原も足元下手だったなぁ…



昨日良かったと思ったのは加地かな。
怪我明けで大変だったと思うけど、結構動いていい上がりしてたよね。…まぁ、彼を活かし切れてなかったけども。

あと、中田ってスゴいと思った。
パスミスとかもあったけどさ、昨日一番動いてたのは間違いなく彼。
後半、みんなバテバテになって足が止まってても、中田は動いてた。



で、今回のジーコはどうだったのか??
まず、後半で稲本に代えてきたこと。
多分、福ちゃんがダメだったんじゃないかな…ヒザ入った時に、肋骨ぐらい折れててもおかしくなかったし。
稲本はスタミナないんですが、後半から入ったんだから、もっと走ろうね。

後の2枚は玉田・大黒と切ったんだけど、これ松木さんも言ってたけどあんまりどころか全く意味なかったなぁ。
玉田のドリブルとか見てないし。大黒に至ってはあの時間だし。
っていうか、玉田もっと走ってボール追えよな。



俊輔が簡単にはたけない時は調子が良くないとき。
んでもって、チームの調子もよろしくない時ね。



ブラジルか…。


続きを読む
posted by citrus at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

僕達は明日という日を夢見て生きていく

さてさて、もうすぐキックオフですよー!


今日はバイトのシフトも変えて貰って、早めの帰宅。

で、ロースカツ食べて帰ってきました☆



言いたいことは山ほどあるさ。

でも、うちらが応援しなきゃ始まらないからさ。


TVの煽りっぷりには嫌悪感を抱いてるから、キックオフまでは見ません。



とにかく後悔しない戦いにして下さい!
posted by citrus at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

W杯ドイツ大会−日本×オーストラリア

はい、皆さんお疲れ様でしたー。。


こんなに早く感想書くの久しぶりだ。

ほら、嫌なことは早く終わらせろってゆーじゃん??



以下、気分を害される方もいらっしゃると思うので、たたみます。




 続きを読む 
posted by citrus at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

人事を尽くして天命を待つ

…とゆーわけで、今日はいよいよ日本の初戦オーストラリア戦です。


学校には代表ユニ着た人がいっぱい。
友達は代表ワンピ着てる女の子見たって。

そーゆう世間の騒ぎっぷりを見ちゃうと、妙に冷静ぶっちゃうタイプ。
でも内心はすっごい楽しみにしてるの。

楽しみだけど、正直めちゃめちゃ心配。

いつもそうなんだけど、勝手な親心抱いてるから。

五輪もWYの時も、余りに心配で緊張し過ぎちゃって見てられなかった。




ジーコ曰く「万全の準備は尽くした」らしーので、信じるしかないですね…

でも、試合中テレビの前で私は文句言ってるだろうな、きっと。



リアルに、この大会の日本代表は"黄金世代"なんです。善くも悪くも日本サッカーの「ピーク」。

歴代の代表の中では一番強いし、これから先にもこれだけのメンバーが揃うのはなかなかないと思う。
厳しいけど、下の世代で結果が出てないのが現実だからね。



だから、余計にいい結果を出してほしいし、言うまでもなく参加することに意義があるではないから。



シドニーで中田がPKを外した瞬間を忘れることができません。
あの頃から見続けてきた選手達の成長した姿を、ピッチの上で見たいです。


中田が「相手よりどれだけ走れるか」ということをポイントに上げてたけど、あの気候の中でどう体力を配分するか。



前に新聞にクラマーの記事が載ってました。彼が当時の日本代表に遺した「大和魂」を今の代表にも見せてほしい。



ドイツ相手にある程度の内容を残したので、相手も警戒してくるし、日本国内も期待してる。


あぁ、あの組み合わせだったからなぁとか、やっぱり日本は…とか、最後に言わせない為に、今日は絶対負けられない。


実際、今日は勝たないと苦しいし、負けたらおそらく予選敗退。


オーストラリアとは、次のW杯予選から戦うことになるし、嫌なイメージつけられたらいいよね…っていうのは贅沢だけど。



とにかく、みんなまとめて応援してるから!
今までの大きくなったモノを見せてくれ!
posted by citrus at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

W杯ドイツ大会の幕続け!

はい、いよいよW杯が始まりました〜☆☆


サッカーを愛する心があれば、寝不足なんてへっち造ら!(←授業は睡眠時間。)


続会式は見なくて、続幕戦は前半だけ見た。後半はラジオ聞いてたけどベットの中だった為に、記憶が曖昧。



揃局、4-2でドイツが快勝って言われたけど、コスタリカもなかなか良かったよー。


母と観戦し始めたんだけど、クローゼが先制した時に「キャー--!」と大声を上げてしまった為に、父を起こしてしまい、揃局3人で観戦。
ごめん、父。

でも、あのゴールはスゴかったからさー。あのコースに、あのボールで、あのスピードで蹴られち造キーパーは取れないね。ポストの内角に・たってたし!!

コスタリカもカウンターから1点返すんだけど、あの時ドイツの何とかっていうキーパー(片仮名苦手)が、揃構出てたよね。日本戦の時も思ったけど、前に出る人だよね…


ドイツのミドルはいいねぇー。


さて、これからイングランド×パラグアイを見る造ー!!
posted by citrus at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 2006 サッカーW杯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。